私たちの身近にある医療だからこそ知っておきたい。医師を目指すあなたも。あまり知らないあなたも。みんなの近くにある医療をもっと知っておこう。

TOP 必要な資格は何があるのか

contents

必要な資格は何があるのか

医師になるためには医師国家試験に合格する必要があります。
また、この試験には厚生労働省より受験資格が定められています。

(1)  学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学において、医学の正規の課程を修めて卒業した者

(2)  医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練を経たもの

(3)  外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定したもの

(4)  沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令(昭和47年政令第108号)第17条第1項の規定により医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定したもの。

医師国家試験の合格率

合格率は80%後半と高い数値になっています。

これは受験資格が医師国家試験にほぼ合格できる知識を持った者が定められているのが理由だとされています。

美容整形外科の医師アルバイト、非常勤情報

昨今は女性の美に関する意識が高くなっているため、少しでも若さと美しさを保とうと、美容整形外科を訪れる患者が増えているようです。

とはいえ整形外科と言うのは外科医のセンスが問われる仕事でもあるので、豊富な知識と多くの経験がなければつとまらないものと言えるでしょう。

それゆえ医師求人サイトには高収入で、休日・休暇も多いなど、待遇などの条件の良い病院やクリニックが揃っていますから、今の職場の待遇に不満がある方は、試しに応募してみると良いでしょう。

医師求人の場合、面接においてこちらの要望をかなり聞いてくれるところがあるので、積極的にアピールすることをおすすめします。

医師求人の需要が増加

勤務時間が長くないか、勤務体制に問題がないか、勤務内容は適切かなどの問題が、様々な業種で問われています。医師の世界も同様で、過重労働が明らかになっています。これには医師の応招義務も原因のひとつに上げられます。

患者がいる限り、医師がその治療や対応にあたらなければならないというものです。医師の仕事には事務的な作業が含まれていることも多く、スタッフを補充して医師が治療に専念できるように組織改革を進める施設もあります。それにより、医師求人も増加しています。

常勤医師、非常勤医師、医師アルバイトといった勤務体制、外科、内科、精神科、産業医、美容整形外科といった分野は色々です。

医師求人の探し方について

医師求人の探し方はいくつかあります。まず、一般の仕事と同じ求人サイトなどに、医師の求人が出ていることあります。ただし、医師専門の機関ではないため、求人数は少ないです。

次に、勤務したい病院がある場合、その病院のホームページに求人情報が出ている場合があります。自分で直接病院とやり取りできるため、交渉などをやりやすい面もありますが、待遇など細かなことも自分でしっかり確認する必要があるため、手間もかかります。近年増えているのは、医師専門の求人サイトを利用する方法です。スマートフォンやパソコンがあれば、空いている時間に多数の求人検索ができるので便利です。