必要な資格は何があるのか。

医師になるためには医師国家試験に合格する必要があります。
また、この試験には厚生労働省より受験資格が定められています。

(1)  学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学において、医学の正規の課程を修めて卒業した者

(2)  医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練を経たもの

(3)  外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定したもの

(4)  沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令(昭和47年政令第108号)第17条第1項の規定により医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定したもの。

医師国家試験の合格率

合格率は80%後半と高い数値になっています。

これは受験資格が医師国家試験にほぼ合格できる知識を持った者が定められているのが理由だとされています。

美容整形外科の医師アルバイト、非常勤情報

昨今は女性の美に関する意識が高くなっているため、少しでも若さと美しさを保とうと、美容整形外科を訪れる患者が増えているようです。

とはいえ整形外科と言うのは外科医のセンスが問われる仕事でもあるので、豊富な知識と多くの経験がなければつとまらないものと言えるでしょう。

それゆえ医師求人サイトには高収入で、休日・休暇も多いなど、待遇などの条件の良い病院やクリニックが揃っていますから、今の職場の待遇に不満がある方は、試しに応募してみると良いでしょう。

医師求人の場合、面接においてこちらの要望をかなり聞いてくれるところがあるので、積極的にアピールすることをおすすめします。