税理士

税金に関する業務の税理士
税理士は、公正な立場で申告納税制度の理念に沿って税金に関する業務を行います。

個人だけではなく、企業の各種税金の申告や申請、税務書類の作成や税務や節税相談、税に関する不服審査手続きなどを行います。

税理士は場合によっては社会保険労務士の業務の一部をすることができ、行政書士の登録をすれば行政書士として業務をすることができます。

ダブル資格の税理士に節税を依頼
時にはクライアントから節税など高度な要求を依頼される事もある税理士は普段から技術を磨くために日々努力をしている人も多いのではないかと思います。

また、税理士としてだけではなく、他にもFPなど法律関連や金融関連などいろんな資格を取得している人もいる様です。

ダブル資格の税理士は知識が豊富なため、節税などの依頼にも着実に答える事ができるのかもしれませんね。

節税は難易度が高い業務であるかと思いますが、多くのクライアントが求めている事もあります。クライアントからの要望にきちんと答えるために、頑張る税理士も少なくないでしょう。

資格を取得して間もない人などは特に努力を積み重ねている人も多い様です。